FC<TFOA>
FC<TFOA>

ファイナルファンタジー14(FFxiv)Hadesサーバーで冒険するWoderが繰り広げる不思議でワクワクどきどき満載の冒険記録を綴ったページです。※なお、ネタバレも随所にあるのでご注意くださいね。

FFxiの冒険日誌は、コチラから!

▼役立たないサイト内検索


WWW サイト内


ワイバーンに乗る(竜Lv60)

リアル寒い日が続きます。

イシュガルドにいるとさらに寒さが身に応えます。

で、いつもこの町で暮らす人々を見て回って不思議におもうことがあります。

 

手袋、マフラーしてませんw

 

まぁ、あたたかなコートを着用されている方はいらっしゃいますが、まずは、指先ではないでしょうか;;

この奥様もすこし唇が青ざめて見えてしまう私でした。

さて、イシュガルドのモブハントを日課に、セントリオ記章を集め、「クラン員の手記」を6冊集めて、ワイバーンホルンと交換しました。

途中、「熟練クラン印の手記」をまちがえて交換してしまい、揃えるのが遅くなりました。

 

で、ワイバーンですが、ともかく首が長い。羽根が薄くて、風圧で羽根がパタパタしているところから重量としては軽め。

イカツイ顔はしかたない。

 

といったところでしょうか。

う~む。

【おまけ】

 

さて、ルーレット待ちでイディルシャイアの中央広場にいることも多いのですが、ときどき、私のそばにやってきてジッとされる方がいます。

この戦士の方もたまたまでしょうがいらっしゃいました。

 

でもよく見ると、私の槍が貫通。

ワザとじゃないんですけどね;;

痛そうだったのでそっとスクリーンショットをとらせていただきました。


0 コメント

20161204(竜Lv60)


戦士AFを求めて!(戦Lv45-46,竜Lv60)

すっかりLv45を過ぎてしまいましたが、戦士のジョブクエをやってきました。

各地に点在している装備をあつめていくことになります。

とはいえ、この時点で討伐手帳を終えておりまして、「ちょっと危ない場所」といわれる場所にもずいぶんと足を運んでおりました。

なので、今回の装備集めはさほど厳しいところはなかったようにおもいます。

 

余談ですが、このクエストのために上下装備をマーケットで大枚払って購入しておりました。

しかし、クエストが進むにつれて各部所の装備も整うこととなりまして、ちょっと、無駄遣いしてしまったかもしれません。(涙)

ララフェルほどではありませんが、相手のモンスターとの体格差は、驚くほど小さいです。

まぁ、その分相手の懐に飛び込みやすいのかもしれませんが、それでも写真をとるとビックリしてしまいます。

 

ちょっとビリビリしてしまいましたが、無事討伐。

しかし、その武具については、預かりになってしまいました。

 

これは、おそらくですが、Lv50の最終審査は、この武具をめぐって真剣勝負になるのではないかとおもいます。


0 コメント

20161203(戦Lv45-46,竜Lv60)


幻想の世界へ(竜Lv60,戦Lv44-45)

ども!ヒゲのオッサンです。

 

このキャラも戦士ジョブにしてから大きく活躍してくれていますが、どうも容姿も暑苦しく、威圧感があるようなので、おもいきって特売薬をかってみることにしました。

 

いったん、装備をはずし体をよく拭いてから(笑)おもむろに怪しげな薬を飲むとベットに横たわったのでした。

 

胸があつくなり目の前は真っ暗に......。

翌朝、目を覚ますと......。

 

どうでしょう。アパルトメントの秘密基地へもどり、タンスにしまっておいた服を身に着けてみました。

 

すこし顔がこわばっていますが、気のせいです;;

 

今後しばらくは、こちらのハイランダー女子で修行をつづけていこうとおもいます。

と、いうわけで、クルザスの一つ目小僧にチャレンジです。

(って、ぉぃ!)

 

当然のことながら、この小僧を一人で勝たずけるのは無理。

そこそこ叩いて経験値と軍票をいただこうとという作戦です。

 

のらりくらりと叩いていると、竜さんがやってきてザクザクしはじめました。

タゲを維持しようとがんばっておりましたが、会えなく撃沈。

(すみません)

 

HPが減ってどうしようもなくなったら無理せずFATEエリアから抜け出しインターバル。これが、この一つ目小僧にの基本です。20%くらいは削ってみたんですけどね;;時間切れ。


0 コメント

20161202(竜Lv60,戦Lv44-45)


20161129賢人に会う(竜Lv60,戦Lv42-44)

グリダニアのGC前です。

石の上に座り込み、ひたすらエキルレが回るのを待っています。

そう、今日は、リアル火曜日。

というわけで、エキルレ4回も回しつつ聖典アクセサリーをゲットいたしました。

まぁ、週制限の残りは、またチマチマとゆっくりエキルレを回します。さらには、60ルレもまわし、伝承もあつめてはAW生成つくりのアイテムに交換です。

(虫入りアンバーも集めねば;;)

というわけで、残りの時間は、クルザスでの戦士レベリング(FATE)に費やしました。

FATEでのレベリングの際は、できるかぎり出入り自由のPT募集をしつつ駆けずり回っている私です。

(とはいっても、この風体ですから、PTに加わっていただいても、戦闘を共にすると、サササと抜ける方も多いです。ヒゲそろうかなぁ)

 

さて、今回もそんな感じでFATEに駆けずり回っておりました。すると、写真のお方が突如としてPTに参加。

「やーやー」

との声がきこえてきました。まぁ、普通は、「よろしく~」とか、「ちょっとイイですか?」的な会話が多いので、何事かと思いじっくり腰を据えてみましたところ、ロドストで書き込みをした別FCのマスターDone Flyer(ドーン・フライヤー)さんでした。

基本、ロドストでは、Hadesサーバーの方の日記をチラチラ見ておりますが、なかなかお会いすることが少なく、しかも、わざわざ私の名前をみつけていただきやってきていただいたのは、大変光栄であります。

寒空の下、しばらくの間「MMORPGの魅力と難しさ」をテーマにお話をさせていただきました(笑)。本当にありがとうございました!!


0 コメント

20161129(竜Lv60,戦Lv42-44)


未開の地マハへ逝く(竜Lv60)

ついに足を踏み入れてしまいました。そう「デスマーチ」は突然やってきました。

いつものようにクルザスでの軍票集めでFATE三昧。そこそこ軍票もあつまったので休憩することにしました。

FCリストをみると、FCマスターのAnakinさんは、先日ご紹介したミストヴィレッジの別荘にいる模様。

 

さっそくテレポして向かってみると……FCマスターのフレンドさんが大勢いらっしゃいました。

あわてて自己紹介をしつつ、お邪魔しても悪いと思い、そそくさと釣竿を掴みビーチで魚釣りに出かけたのです。

真っ青な空に海風が心地よく、砂浜のタープ下にはミスラのお嬢さんがにっこり微笑んでいます。

驚いたことに近づくと大きな葉っぱで私の事を扇いでくれるサービスが……

すっかりダラけてニヤけていると……

「わだーさん!PTモード」

と、FCマスターからの通信が……。エキルレでも行くのかと思いチョコボを帰還しました。すると即PTに組み込まれました。例によって、マスターはタンクに、百戦練磨のラブリーララフェルヒーラー、そしてオッサンDPSの3名PT。そして表示されるこのメッセージ……

「リーダーによりコンテンツ申請がされました」

その時は、気にする事なく、いま育てている戦士のバフの使い方等指南をマスターから受けておりましたが……

ふと気になってコンテンツの状況を見ると24名コンテンツであることが判明。

「げ、レイド?」

と震える声でマスターに話すと……

「ああ、【闇の世界】」

との返答。

まぁ、クルスタルタワーはAWで散々周回していたので、ホッと一安心して気にも留めなかったがいけなかった……。

画面が暗くなり現れたタイトルは……

「禁忌都市マハ」

突然流れるムービー。心臓の鼓動がレッドゾーン。

「げ、マハ!?」

「まぁ、転がりながら覚えないとね!」

「いやいやいやいやいやいや……」

というわけで、デスマーチが突然鳴り響いたのです。

 

蜘蛛に、ゾンビ、石像、オズマ、美容師の姉さん……

考えただけでもデスポイントはあちこちに散りばめられております。あちこちに……。

まぁ、何度も攻略サイトで動画予習はしてはいましたが、魅了はされるし、ゾンビエリアでゴロゴロはするし……でも、ラッキーな事にオズマではマーカーが飛んでこなかったのでなんとか生き延びることができました。

 

しかし、キレイです。おもわず見ってしまいました。

さらには、エクステンションバリエーションにウロウロしつつもなんとかクリア。

 

結果、1回床ペロしただけでした。その後の長いムービーは拝見し……続きがある事を確認できました……。

バハムート三部作以来の強制呼出しデスマーチに大興奮の私なのでした。(大汗)

 

マハ攻略

 

■Boss1 アルケニー(蜘蛛)

・赤マーカー:蜘蛛の巣が飛んでくるのでできるだけ外周へ捨てる。

・三段階範囲1:蜘蛛が潜ったら同心円状に広がる範囲攻撃は避ける。最後に対象1名の攻撃予告がくるので離れる。

・黄色玉(拘束):対象者の周りに範囲。他を巻き込まないようにする。巻き込むと線でつながり拘束。他が横切れば解除する

・青玉:上層にあがったら小蜘蛛を叩き穴をあけCアラは地上で結び目を解く。上層では青玉がBossにむかって飛んでいくのでタンクがキャッチ。

・紫玉(エーテル):Bossに向かい到達すると大ダメージなので、到達するまでに叩く。

・三段階範囲2:1同様同心円状の範囲。その後対象者から離れる。

・三段階範囲3:1同様同心円状の範囲。流砂が発生。外周へにげて蜘蛛の巣の上に載るイメージ。なので、赤マーカーが付いたらできるだけ外周にすてておく。

・恐怖のまなざし:視線をずらすこと。

 

Boss2 フォルガル(ゾンビゾーン)

・生贄の烙印:▼マークがでるので対象者が密集して大ダメージとカエル化を阻止する。

・バニッシュレイ:光柱がでるので1人がかならず載って塞ぐ。

・ネクロバージ:対象3名に緑の円形範囲。ゾンビ範囲となるので避ける。

・イビルミスト:4か所に緑の霧。消える際にゾンビ範囲が発生するので避ける

・ダークエラプション:対象3名にマーク。外周で3回連続やり過ごす。

・サモンダハーカ【A】範囲攻撃がるので場所を固定してテロにならないようにする

・サモンサッキュバス【B】ピガイリングミストはスタンする。

・サモンハーゲンティ【C】モータルレイの視線攻撃(死の宣告)なので目をそらす。黒柱がでたら載って押さえ込むこと。

・オーバーデスフェイズになったら「徐々にゾンビ」状態になること。緑沼は1つだけに載ること。

 

Boss3 オズマ(3か所の四角台座とそれをつなぐ丸い通路。中央に変形する物体)

・●になって、隕石落下:マーカーがついたら丸い通路へ捨てる。

・▼になったら、丸い通路へ移動。四角台座爆発。赤いサイコロ出目アイコンがついて0になったら納刀して待機(加速度爆弾)

・■になったら、四角台座へ移動。丸い通路爆発。青玉はひとり1つまで。

・ブラックホール内は、アトモス。1人スイッチを踏み残りは、アトモスをたたく。鳥は二の次。

・●▼■の隕石落下あり。四角台座外と時計回りに丸い通路にそれぞれ捨てる。

 

Boss3 カロフィステリ

・ヘアカット:Bossの髪の毛計上が変わった180°に範囲攻撃。じっくり方向を確認すること。

・水晶の玉は小さいものから倒す。

・エクステンション:

 前半は、檻のようなものに閉じ込められるので、叩いて外にでる。

 後半は、いろんな形態のものがニョキニョキとでてくる。

  斧:足元集合し、ドーナツ状の攻撃から回避

  拳:周辺がダメージをくらうので、外周へ逃げる。

  トゲ:直線状に攻撃がくるので、外周でトゲとトゲの間で対比

・デプスチャージ:直進攻撃。よける

 

ぐらいだったでしょうか;;

話は、まだまだ続く模様。

しかし、この方、タダじゃ転ばない予感がします。

 

ともかく、個性的なメンバーの「空賊」の方々。

 

しかし、アレが、爺さんだったことに私はショックが。

 

FF11でもアレはでてくるのですけれどね。

 

しかし、今回は、FCマスターに連れられてやってまいりましたが、マハマターももらえたし、いずれまた向かいたいとおもいます。


0 コメント

20161127(戦Lv40-42,竜Lv60)


※これより過去のページは、サイトマップのブログ一覧からご覧ください。

Woder Wonder


当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、 各社の登録商標、もしくは商標です。 画面取込画像および動画は、Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

無料カウンター


■そっと...つぶやき...(Twitter:@woderwonder1)